CP・CIF・TTSなどLPガス・エネルギー関連情報は「エネルギー情報ネットワーク」に

デイリーマーケット

デイリーマーケット

2022年1月27日

  • WTI大幅続騰2014年10月以来高値 ブレント一時90㌦超 ウクライナ情勢緊迫化

CP情報

TTS

  • 1月27日TTS      115.64円/㌦(前日比0.80円円安)
  • 11月26日~12月25日平均   114.74円/㌦
  • 12月1日~12月31日平均    114.88円/㌦
  • 12月16日~1月15日平均   115.77円/㌦
  • 12月21日~1月20日平均   115.85円/㌦
  • 12月26日~1月25日平均   115.84円/㌦
  • 1月1日~1月27日平均    115.78円/㌦
  • 1月16日~1月27日平均   115.24円/㌦
  • 1月21日~1月27日平均   115.04円/㌦
  • 1月26日~1月27日平均   115.24円/㌦

EIA週間統計(1月26日発表)

  • 1月21日現在
    • 米国原油生産量:11,600千バレル/日(前週比-100)
    • 米国原油輸入量:6,236千バレル/日(前週比-509)
    • 米国原油輸出量:2,796千バレル/日(前週比+186)
    • 原油処理量(Gross):15,897千バレル/日(前週比-71)
    • 製油所稼働率:87.7(前週比-0.4ポイント)
    • 米国原油在庫:416,190千バレル(前週比+2,377)
    • クッシング在庫:31,701千バレル(前週比-1,823)
    • 米国ガソリン在庫:247,918千バレル(前週比+1,297)
    • 米国留出油在庫:125,154千バレル(前週比-2,798)
    • 米プロパン在庫:54,076千バレル(前週比-4,610:非燃料プロピレン含む)
    • プロパン輸出量:1,023千バレル(前週比+163)
    • 米石油ネット輸入:1,327千バレル/日(前週比-858)
    • ガソリン供給(需要)量:8,505千バレル/日(前週比+281)
    • 留出油供給(需要)量:4,754千バレル/日(前週比+198)
    • プロパン供給(需要)量:2,190千バレル/日(前週比-63)
    • 米石油製品供給量計:22,417千バレル/日(前週比+502)
    • モンベルビュープロパンスポット価格(1月21日):612.2㌦/㌧(前週比+19.3㌦、前年同期比+160㌦)

財務省12月分貿易統計速報(1月20日発表)

  • 原油・粗油CIF      58,987円/kl(前月比+163円)
  • 揮発油CIF        62,538円/kl(前月比+2,421円)
  • LNG合計CIF      84,861円/㌧(前月比+357円)
  • LPG合計CIF      92,059円/㌧(前月比-4,809円)
  • 石炭CIF         23,700円/㌧(前月比+784円)
  • 一般炭CIF        21,764円/㌧(前月比+407円)
  • 12月月間通関為替レート   113.99円/㌦(前月比0.04円円安)
    • 12月分貿易統計9桁(品別・国別)速報(1月28日発表予定)
    • 12月LPG合計輸入量米国シェアは67%の625千㌧(CIF90,691円/㌧)

26日のエネルギー市況(NYMEX等先物価格)

  • WTI(3月限)     87.35㌦/バレル(前日比+1.75)
  • 改質ガソリン(2月限)  252.29㌣/ガロン(前日比+6.34)
  • ヒーティングオイル(2月限)274.40㌣/ガロン(前日比+7.49)
  • 天然ガス(2月限)    4.277㌦/百万BTU(前日比+0.224)
  • ブレント(3月限)    89.96/バレル(前日比+1.76)
  • オマーン(3月限)    87.30㌦/バレル(前日比+2.02)
  • 東工取ドバイ(2月限)  85.22㌦/バレル(前日比+1.06)
  • 26日、WTI大幅続騰、期近3月限、終値は前日比1.75㌦上昇の87.35㌦、2014年10月7日以来高値。パウエルFRB議長が3月利上げを示唆したことから株価が続落、リスク資産の原油も一時85.01㌦まで下げたが、米駐ウクライナ大使館が民間人の即時退避の検討を促すなど、ウクライナ情勢が緊迫化、供給タイト懸念から原油市況は騰勢を強め、ブレント原油は一時2014年10月以来の90㌦超えとなった。一方、EIA週間統計では米原油在庫が2週連続、ガソリン在庫は4週連続の増加となったものの、クッシング在庫が3週連続の減少となったこと、寒波で暖房油種の需要が増加、在庫減となったことも買い材料。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional