CP・CIF・TTSなどLPガス・エネルギー関連情報は「エネルギー情報ネットワーク」に

デイリーマーケット

デイリーマーケット(2021年3月8日)

  • WTI3営業日大幅続騰19年4月以来高値 OPECプラス4月減産維持
  • 米石油リグ増加 310基は前年同期比45.5%

CP情報

TTS

  • 3月8日TTS       109.37円/㌦(前日比0.47円円安)
  • 1月21日~2月20日平均      105.79円/㌦
  • 1月26日~2月25日平均      106.08円/㌦
  • 2月1日~2月28日平均     106.37円/㌦
  • 2月16日~3月8日平均      107.48円/㌦
  • 2月21日~3月8日平均     107.77円/㌦
  • 2月26日~3月8日平均      108.24円/㌦
  • 3月1日~3月8日平均     108.41円/㌦

EIA週間統計(3月3日発表)

  • 2月26日現在
    • 米国原油生産量:10,000千バレル/日(前週比+300)
    • 米国原油輸入量:6,292千バレル/日(前週比+1,693)
    • 米国原油輸出量:2,351千バレル/日(前週比+37)
    • 製油所稼働率:56.0%(前週比-12.6ポイント)過去最低
    • 米国原油在庫:484,605千バレル(前週+21,563:Excl LS)
    • クッシング在庫:48,308千バレル(前週比+485)
    • 米国ガソリン在庫:243,472千バレル(前週比-13,624)
    • 米国留出油在庫:142,996千バレル(前週比-9,719)
    • 米国プロパン在庫:41,246千バレル(前週比-2,245:非燃料プロピレン含む)
    • 米プロパン輸出量:752千バレル/日(前週比-574)
    • 米石油ネット輸入:2,298千バレル/日(前週+2,693)
    • ガソリン供給(需要)量:8,148千バレル/日(前週比+941)
    • プロパン供給(需要)量:1,487千バレル/日(前週比+536)
    • 米石油製品供給量計:18,759千バレル/日(前週比+71)
    • モントベルビュープロパンスポット価格(2月19日):492.9㌦/㌧(前週比-6.2㌦、前年同期比+287.1㌦)

財務省1月分貿易統計9桁速報(2月25日発表)

  • LNG合計CIF      45,382円/㌧(前月比+6,742円)
  • 一般プロパンCIF     56,718円/㌧(前月比+6,157円)
  • 原料用ブタンCIF     44,718円/㌧(前月比+344円)
  • 一般用ブタンCIF     64,542円/㌧(前月比+12,011円)
  • LPG合計CIF      57,612円/㌧(前月比+9,305円)
  • 1月月間通関為替レート  103.55円/㌦(前月比0.58円円高)
  • 詳細は資料集:財務省貿易統計9桁速報(品別・国別9桁速報

5日のエネルギー商品先物期近市況等(NYMEX等 )

  • WTI(4月限)     66.09㌦/バレル(前日比+2.26)
  • 改質ガソリン(4月限)  206.47㌣/ガロン(前日比+6.68)
  • ヒーティングオイル(4月限)194.40㌣/ガロン(前日比+4.80)
  • 天然ガス(4月限)    2.701㌦/百万BTU(前日比-0.045)
  • ブレント(5月限)    69.36㌦/バレル(前日比+2.62)
  • ドバイ現物(5月渡)   65.81㌦/バレル(前日比+3.21)
  • オマーン(5月限)    66.41㌦/バレル(前日比+3.37)
  • TOCOM(4月限)   65.65㌦/バレル(前日比+3.05)
  • 5日WTI3営業日大幅続騰、期近4月限、終値は前日比2.26㌦上昇の66.09㌦、2019年4月以来の高値。OPECプラスは4月の協調減産幅維持で合意、サウジの自主減産100万b/dも継続することになり、世界的な過剰在庫の取り崩しペースが上がるとみられている。2月の米雇用統計が予想を上回ったことも買い材料となった。
  • ベーカーヒューズ社が5日発表した米リグ稼働数は403基(石油・ガス計)、前週比1基増、前年同期比390基減。石油リグ310基(前週比+1基、前年同期比-372基=54.5%減少)、2週連続の増加、昨年5月2日以来水準。ガスリグ92(同±0基、同-17基)
  • CFTCが5日に発表したWTI大口投機買い越し残高は3月2日時点で519,019枚(前週比+7,179枚)、2週ぶりの増加。買い建玉688,229枚(同+5,348枚)、売り建玉169,210枚(同-1,831枚)、買建玉は2週ぶりの増加、売り建玉は2週連続の減少。総取組高は2,492千枚、前週比32千枚増加、2018月以来の高水準続く。金融市場はリにスク志向と警戒感が交錯。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional