CP・CIF・TTSなどLPガス・エネルギー関連情報は「エネルギー情報ネットワーク」に

デイリーマーケット

デイリーマーケット

2024年2月26日

  • WTI反落 利下げ観測後退 週末ポジション調整 ガザ停戦協議
  • 米石油リグ稼働数6基増503基 41週連続前年割れ83.8% 

CP情報

TTS

  • 2月26日TTS   151.36円/㌦(前日比0.19円円高)          
      12月26日~1月25日平均      146.48円/㌦
      1月1日~1月31日平均       147.65円/㌦
      1月16日~2月15日平均      149.18円/㌦
      1月21日~2月20日平均      149.61円/㌦
      1月26日~2月25日平均      149.90円/㌦
      2月1日~2月26日平均       150.29円/㌦
      2月16日~2月26日平均       151.36円/㌦
      2月21日~2月26日平均       151.36円/㌦

EIA週間統計(2月22日発表)

  • 2月16日現在
    • 米国原油生産量:13,300千バレル/日(前週比±0)
    • 米国原油輸入量:6,654千バレル/日(前週比+184)
    • 米国原油輸出量:4,965千バレル/日(前週比+618)
    • 原油処理量(Gross):14,780千バレル/日(前週比+2)
    • 製油所稼働率(%):80.6%(前週比±0.0ポイント)
    • 米国原油在庫:442,964千バレル(前週比+3,514)
    • クッシング在庫:29,512千バレル(前週比+741)
    • 米国ガソリン在庫:247,037千バレル(前週比-293)
    • 米国留出油在庫:121,651千バレル(前週比-4,008)
    • 米プロパン在庫:54,613千バレル(前週比-2,287 非燃料プロピレン含む)
    • プロパン輸出量:1,911千バレル(前週比+114)
    • 米石油ネット輸入:-3,018千バレル/日(前週比-401)
    • ガソリン供給(需要)量:8,200千バレル/日(前週比+32)
    • 留出油供給(需要)量:3,940千バレル/日(前週比+426)
    • プロパン供給(需要)量:1,030千バレル/日(前週比-303)
    • 米石油製品供給量計:18,918千バレル/日(前週比-337)
    • モンベルビュープロパンスポット価格(2月16日):491.3㌦/㌧(前週比+8.9、前年同期比+64.1㌦)

財務省1月分貿易統計速報(2月21日発表)

  • 原油・粗油CIF      77,644円/kl(前月比-5,833円)
  • 揮発油CIF        70,981円/kl(前月比+38円)
  • LNG合計CIF      101,884円/㌧(前月比+818円)
  • LPG合計CIF      87,465円/㌧(前月比-6,717円)
  • 石炭CIF         28,229円/㌧(前月比-136円)
  • 一般炭CIF        24,443円/㌧(前月比-381円)
  • 1月月間通関為替レート   144.03円/㌦(前月比3.07円円高)
    • 1月分貿易統計9桁(品別・国別)速報(2月28日発表予定)
    • 1月LPG合計輸入量米国シェアは62.0%の739千㌧(CIF84,346円/㌧)

2月23日のエネルギー市況(NYEX等先物価格)

  • WTI(4月限)       76.49㌦/バレル(前日比-2.12)
  • 改質ガソリン(3月限)   227.67㌣/ガロン(前日比-5.80)
  • NY暖房油(3月限)    268.97㌣/ガロン(前日比-6.23)
  • 天然ガス(3月限)      1.603/MMBTU(前日比-0.129)
  • ブレント(4月限)      81.62㌦/バレル(前日比-2.05)
  • オマーン(4月限)      82.08㌦/バレル(前日比-0.58)
  • 東工取ドバイ(3月限)    81.80㌦/バレル(23日休場)     
  • 23日WTIは3営業日ぶり反落、期近4月限、終値は前日比2.12㌦下落の76.49㌦、週間では3週ぶりの下落。イスラエルがパリに停戦協議交渉団を派遣、原油市場は世界的な供給過多の見通しで、週末を控え持ち高調整の手仕舞い売り、200日移動平均を割り込み下げが加速した。米の早期利下げ観測が後退、米欧の対ロシア制裁強化にエネルギー関連は含まれなかった。
  • ベーカーヒューズ社が23日発表した米リグ稼働数は、626基(石油・ガス計)、前週比5基増、前年同期比127基減。石油リグ503基(前週比6基増、前年同期比97基減=83.8%)、前年同期比稼働数では41週連続で前年を割り込んだ。ガスリグ120基、前週比1基減、前年同期比31基減、42週連続で前年を下回った。
  • CFTCが23日に発表したWTI大口投機買い越し残高は2月20時点で191,901枚(前週比+20,829枚)、2週連続の増加、ピーク(2018年2月上旬739千枚)の26.0%の水準。買い建玉323,548枚(同+15,474枚)、売り建玉131,647枚(-5,355枚)、買い建玉は2週連続の増加、売り建玉は2週連続の減少。総取組高は1,658枚、前週比58千枚減少、ヘッジ玉は、買い建玉が2週連続の減少、売り建玉は2週ぶりの増加となった。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional