CP・CIF・TTSなどLPガス・エネルギー関連情報は「エネルギー情報ネットワーク」に

デイリーマーケット

デイリーマーケット

2021年10月22日

  • WTI6営業日ぶり反落 米暖冬予報 ロックダウン経済減速懸念 

CP情報

TTS

  • 10月22日TTS     115.03円/㌦(前日比0.25円円高)
  • 9月1日~9月30日平均   111.17円/㌦
  • 9月16日~10月15日平均   112.42円/㌦
  • 9月21日~10月20日平均   113.02円/㌦
  • 9月26日~10月22日平均   113.57円/㌦
  • 10月1日~10月22日平均   113.88円/㌦
  • 10月16日~10月22日平均   115.29円/㌦
  • 10月21日~10月22日平均   115.16円/㌦

EIA週間統計(10月20日発表)

  • 10月8日現在
    • 米国原油生産量:11,300千バレル/日(前週比-100)
    • 米国原油輸入量:5,825千バレル/日(前週比-169)
    • 米国原油輸出量:3,060千バレル/日(前週比+546)
    • 原油処理量(Gross):15,357千バレル/日(前週比-358)
    • 製油所稼働率:84.7%(前週比-2.0ポイント)
    • 米国原油在庫:426,544千バレル(前週比-431:Excl LS)
    • クッシング在庫:31,231千バレル(前週比-2,320)
    • 米国ガソリン在庫:217,739千バレル(前週比-5,368)
    • 米国留出油在庫:125,394千バレル(前週比-3,913)
    • 米プロパン在庫:73,620千バレル(前週比+1,920:非燃料プロピレン含む)
    • 米プロパン輸出量:1,046千バレル/日(前週比-324)
    • 米石油ネット輸入:394千バレル/日(前週比+81)
    • ガソリン供給(需要)量:9,634千バレル/日(前週比+448)
    • プロパン供給(需要)量:1,088千バレル/日(前週比-28)
    • 米石油製品供給量計:21,832千バレル/日(前週比+1,957)
    • モンベルビュープロパンスポット価格(10月15日):772.6㌦/㌧(前週比+15.1㌦、前年同期比+493.9㌦)

財務省9月分貿易統計速報(10月20日発表)

  • 原油・粗油CIF      51,008円/kl(前月比+27円)
  • 揮発油CIF        52,724円/kl(前月比-569円)
  • LNG合計CIF      61,247円/㌧(前月比+3,607円)
  • LPG合計CIF      76,429円/㌧(前月比+1,819円)
  • 石炭CIF         17,242円/㌧(前月比+1,775円)
  • 一般炭CIF        16,770円/㌧(前月比+1,506円)
  • 9月月間通関為替レート   109.87円/㌦(前月比0.02円円高)
    • 9月分貿易統計9桁(品別・国別)速報(10月28日発表予定)
    • 9月LPG合計輸入量米国シェアは59.5%の420千㌧(CIF76,026円/㌧)

21日のエネルギー市況(NYMEX等先物価格)

  • WTI(12月限)     82.50㌦/バレル(前日比-0.92)
  • 改質ガソリン(11月限)  248.01㌦/ガロン(前日比-2.83)
  • ヒーティングオイル(11月限)254.91㌣/ガロン(前日比-4.32)
  • 天然ガス(11月限)    5.115㌦/百万BTU(前日比-0.055)
  • ブレント(12月限)    84.61㌦/バレル(前日比-1.21)
  • オマーン(12月限)    83.21㌦/バレル(前日比+0.58)
  • 東工取ドバイ(11月限)  82.38㌦/バレル(前日比+0.82)
  • 21日WTI6営業日ぶり反落、この日から期近は12月限、終値は前日比0.92㌦下落の82.50㌦。前日までに7年ぶり高値をつけ高値警戒感があるなか、米海洋大気局(NOAA)が米国の暖冬予報を発表したことで下落に転じた。ロシアでは新型コロナ感染が再拡大、モスクワの一部にロックダウンが出され、今冬もロックダウン等の措置による世界経済減速の可能性が意識された。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional