CP・CIF・TTSなどLPガス・エネルギー関連情報は「エネルギー情報ネットワーク」に

ウィークリーマーケット

ウィークリーマーケット

NYMEX市況推移

  • 期近先物市況(11月23日~11月27日)
    23日24日25日26日27日
    WTI(㌦/bl)43.0644.9145.7145.53
    天然ガス(㌦/mmbtu)2.7112.7752.8962.843
    改質ガソリン (㌣/gl)120.40125.82128.75128.20
    ヒーティングオイル(㌣/gl)131.05135.95138.66138.05
  • 23日WTI続伸、この日から期近は1月限、終値は前日比0.64㌦上昇の43.06㌦。英アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発している新型コロナワクチンの有効性が発表され、同ワクチンが安価で管理が容易であることから経済正常化への期待が高まった。米ではワクチンの年内接種の可能性、正常化への期待から株価も上昇、リスクオン。
  • 24日WTI3営業日大幅続伸、期近1月限、終値は前日比1.85㌦上昇の44.91㌦、3月5日以来高値。米政権移行プロセスが開始されたことやワクチンの年内接種の可能性により、経済正常化への期待から株価が最高値を更新し、リスクオンの状態。
  • 25日WTI4営業日続伸、期近1月限、終値は前日比0.80㌦上昇の45.71㌦、3月5日以来高値。ドル安でドル建て原油に割安感があるなか、ワクチンの年内接種による経済正常化、需要回復への期待から買い進められた。米原油在庫が予想外の減少となったことも支援材料。
  • 26日NYMEX休場
  • 27日WTI5営業日ぶり反落、期近1月限、終値は前日比0.18㌦下落の45.53㌦。欧米での新型コロナ感染拡大懸念で利食い売りが先行、一時44.55㌦まで下げたが、ワクチン接種による景気回復期待が下支え。OPECプラスの共同閣僚監視委員会(JMMC)が減産延長を打ち出すとの見方も買い材料。
  • ベーカーヒューズ社発表の米リグ稼働数は320基(石油・ガス計)、前週比10基増加、前年同期比482基減。石油リグ241基(前週比+10基、前年同期比-427基=63.9%減少)、2週ぶりの増加、5月水準。ガスリグ77基(同+1基、同-54基)
  • 30日WTI続落、期近1月限、終値は前日比0.19㌦下落の45.34㌦。OPEC加盟国は減産延長で合意したと伝えられたが、非加盟国との協議が難航、減産幅3か月維持を明確に示せず、OPECプラスの会合が1日から3日に延期されことを嫌気、一時44.42㌦まで下げた。世界各国で新型コロナ感染拡大、制限措置が取られているが、ワクチン年内接種による需要回復期待が下支え。
  • CFTCが30日に発表したWTI大口投機買い越し残高は11月24日時点で522,639枚(前週比+41,828枚)、3週連続の増加。買い建玉673,157枚(同+34,912枚)、売り建玉150,518枚(同-6,916枚)、買建玉は2週連続の増加、売り建玉は3週連続の減少。総取組高は2,083千枚、前週比1千枚減少。
  • 1日WTI3営業日続落、期近1月限、終値は前日比0.79㌦下落の44.55㌦、先月24日以来の45㌦割れ。OPECプラスの協調減産協議が難航、減産幅の3か月延長で合意したOPEC加盟国と減産幅縮小を主張するロシアとの間で話し合いが行われている。1月から200万b/dの増産あるいは一か月毎に50万b/dの増産をロシアは提案している模様で、3日に延期されたOPECプラス会合の不透明感が嫌気された。
  • 2日WTI4営業日ぶり反発、期近1月限、終値は前日比0.73㌦上昇の45.28㌦。英で米ファイザー・独ビオンテック開発のワクチンが承認され来週にも接種可能となり経済正常化への期待が高まった。OPECプラスの協調減産協議が進展との報道(詳細不明)や米原油在庫が2週連続で減少したことも買い材料となった。

その他の市況

23日24日25日26日27日
TOCOM(㌦/b)45.9247.3948.2047.21
ドバイ(㌦/b)45.0946.6647.5147.34
オマーン(㌦/b)45.8046.0848.2347.8948.30
ブレント(㌦/b)46.0647.8648.6147.8048.18
OPEC:BP(㌦/b)44.7545.5146.9146.66
ナフサ (㌦/㌧)396407410401
C重油(㌦/㌧)289.35290.50296.57297.75295.02
TTS(円/㌦)105.58105.49105.34105.15

EIA週間需給統計 (11月25日発表)

  • 米国需給概況(11月20日現在:単位1,000バレル)
    ~20.10.2320.10.3020.11.620.11.1320.11.20増減
    原油生産量11,10010,50010,50010,90011,000+100
    製油所稼働率%74.675.374.577.478.7+1.3
    原油在庫(Excl LS)492,427484,429488,706489,475488,721-754
    ガソリン在庫226,124227,665225,356227,967230,147+2,180
    留出油在庫156,228154,644149,289144,073142,632-1,441
    プロパン在庫98,39195,82894,88992,88792,562-325
    クッシング在庫59,99560,93160,41361,61359,892-1,721
    原油輸入量5,6645,0295,4995,2545,228-26
    ガソリン輸入量460630450530441-89
    原油輸出量3,4602,2652,7652,7482,831+83
    ガソリン輸出量530716710690760+70
    留出油輸出量8711,0711,0791,080825-255
    プロパン輸出量1,2011,4251,1931,2241,323+99
    原油・ 石油ネット輸入-116-801-180-740-219+521
    製品供給(需要)量計19,63118,36220,18019,56419,156-408
    • 原油生産量、輸入量、輸出量、製品供給量は一日あたり。
    • プロパン在庫は非燃料プロピレンを含む。
  • 米国石油在庫を対前年同期比でみると、原油108.1%、ガソリン101.8%、留出油122.5%。全米原油在庫は3週ぶりの減少。オクラホマ・クッシングの在庫は2週ぶりの減少。米国内原油生産量は、2週連続の増加。石油リグ稼働数は9週ぶりの減少となったが増加傾向、5月の水準まで回復、4週ぶりの1,100万b/d、3月ピークの1,310万b/dからは210万b/dの減少となっている。原油輸入量が減少、輸出量は微増、製油所稼働率が上昇し、原油在庫は減少した。(なお、原油在庫はLease Stock除き)。ガソリン在庫は2週連続の増加。輸入量は減少したが、輸出量は増加、需要が新型コロナの影響で減少し在庫は増加。留出油在庫は9週連続の減少。輸出が減少、需要も微減となったが、供給が微減。プロパン在庫は、4週連続の減少。需要が減少も輸出が増加し高水準となった。在庫水準は前年同期比では104.8%と10週連続で前年を上回った。ガソリンの需要(供給量)は前週比129千バレル減の日量813万バレル、直近4週間の供給量は837万バレル/日で前年同期比9.2%の減少。留出油は405万バレル/日で前年比7.6%の減少。ジェット燃料は38.0%の減少。なお、原油・石油製品のネット輸出入は219千バレルのネット輸出(前週比560千バレル輸入減)、ネット輸出は11週連続。
  • 20日モンベルビュープロパンスポット価格:267..3㌦/㌧(前週比-19.8㌦、
    前年同期比-20.8㌦)

LPガスマーケット

  • CP先物指標(11月16日~11月20日)
    CP先物12月限1月限2月限
    435420410
    445435420
  •  先週(11月16日~11月20日)は、原油市況が停滞する中、LPガス市場は、供給量は潤沢な一方、気温が高く暖房需要が出遅れ、市況は軟化した。
     CP先物は上昇、12月限はプロパン、ブタンともに10㌦反落、1月限プロパン10㌦、ブタン15㌦下げ、2月限はプロパン、ブタンそれぞれ10㌦下げ。
     極東CFR市況は、サウジ12月アクセプタンスが発表されたが、気温が高く需要の盛り上がりに欠け引き合いは弱い。前週比45㌦どころ反落し12月極東着プロパンは425㌦、ブタン435㌦どころ。
     NWE(北西ヨーロッパ)CIFは、プロパン下落、ブタン上昇。原油市況追随するとともにプロパンは暖房需要が出遅れ、ブタンは原油市況見合いで堅調。プロパン365㌦、ブタン355㌦どころ。
     米国市場をみると、輸出、需要がともに堅調、プロパン在庫は減少傾向だが、在庫水準は過去5年平均レンジの上部に張り付いたまま。米モントベルビュースポット価格(FOB)は、前週比プロパン20㌦下落の265㌦、ブタンは同10㌦下落の340㌦どころ。
  • フレート市況は、産ガス国のアクセプタンス発表で傭船需要活発化、
    前週比2㌦上昇の65㌦台で推移。
  • ナフサは原油に連れ堅調強含み、370~385㌦で推移。
  • バンカーオイルは、原油市況に追随、IFO380は306~310㌦、LSMGOは375~386㌦で推移。
  • 11月LPガスFOB公示価格
    11月FOBサウジCPANSIソナトラック
    430347360
    440367.5400
    • 単位:㌦/㌧ 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional