CP・CIF・TTSなどLPガス・エネルギー関連情報は「エネルギー情報ネットワーク」に

ウィークリーマーケット

ウィークリーマーケット

NYMEX市況推移

  • 期近先物市況(9月21日~9月25日)
    21日22日23日24日25日
    WTI(㌦/bl)39.3139.6039.9340.3140.25
    天然ガス(㌦/mmbtu)1.8351.8342.1252.2482.139
    改質ガソリン (㌣/gl)117.71116.43118.13119.57121.42
    ヒーティングオイル(㌣/gl)110.73109.61110.75111.67112.62
  • 21日WTI急反落、期近10月限、終値は前日比1.80㌦下落の39.31㌦、5営業日ぶりの下げで15日以来の40㌦割れ。米株価が急落しリスク回避の動きが強まった。リビアの原油輸出再開見通しによる需給緩和感も売り材料。10月限の納会を翌日に控え11月限も40㌦割れでチャート売りが進んだ。
  • 22日WTI反発、期近10月限、終値は前日比0.29㌦上昇の39.60㌦。米株価が反騰しリスクを取る動き。10月限は納会を迎え11月限も小幅高の39.80㌦。新型コロナウィルスの感染拡大、欧州は第2波で一部で制限措置が取られており、需要回復への懸念から上値は重い展開。
  • 23日WTI小幅続伸、この日から期近は11月限、終値は前日比0.13㌦上昇の39.93㌦。EIA週間統計で米原油在庫、石油製品在庫がそれぞれ減少したことを好感した。ただ、米株価が反落し、新型コロナウィルスの感染拡大、欧州は第2波で一部で制限措置が取られており、需要回復への懸念から上値は重い展開。
  • 24日WTI3営業日小幅続伸、期近11月限、終値は前日比0.38㌦上昇の40.31㌦、先週末以来の40㌦回復。前日のEIA週間統計で米原油、石油製品需給改善が示されたことを評価、景気対策協議の進展に楽観的な見方もあり、米株価が反発したことも下支えした。ただ、新型コロナウィルスの感染拡大により一部で制限措置が取られており、需要回復懸念から上値は重い展開。
  • 25日WTI営業日ぶり小反落、期近11月限、終値は前日比0.06㌦下落の40.25㌦。欧州をはじめ新型コロナウィルスの感染拡大により一部で行動制限措置が取られており、需要下振れ懸念。リビアの原油輸出再開、イラクの輸出急増も売り材料となったが、OPECプラスは原油安を容認しない姿勢で、下げは限定的となった。
  • ベーカーヒューズ社発表の米リグ稼働数は261基(石油・ガス計)、前週比6基増加、前年同期比599基減。石油リグ183基(前週比+4基、前年同期比-530基=74.3%減少)、3週ぶりの増加。ガスリグ75基(同+2基、同-71基)。
  • CFTCが25日に発表したWTI大口投機買い越し残高は9月22日時点で472,769枚(前週比+23,025枚)、2週連続の増加。買い建玉647,934枚(同-1,159枚)、売り建玉175,165枚(同-24,184枚)、買建玉は2週ぶりの減少、売り建玉は5週ぶりの減少。総取組高は2,029千枚、前週比80千枚減少。
  • 28日WTI反発、期近11月限、終値は前日比0.35㌦上昇の40.60㌦。民主党ペロシ下院議長とムニューシン財務長官は追加景気対策についての合意の可能性を示唆したことで株価が大幅続伸、ドル安が進みドル建て原油に割安感。ただ、欧州をはじめ新型コロナウィルスの感染拡大により一部で行動制限措置が取られており、需要下振れ懸念から上値は重い展開。
  • 29日WTI急反落、期近11月限、終値は前日比1.31㌦下落の39.29㌦、今月23日以来の40㌦割れ。新型コロナウィルスの感染再拡大により欧州などで行動制限措置が取られており、北半球では感染流行が広がりやすい季節を迎え需要下振れ懸念から値を下げた。米大統領選の討論会を控え金融業界は様子見状態。

その他の市況

21日22日23日24日25日
TOCOM(㌦/b)41.2341.4842.04
ドバイ(㌦/b)41.4241.3942.0341.3641.71
オマーン(㌦/b)41.8041.2741.3641.1942.25
ブレント(㌦/b)41.4441.7241.7741.9441.92
OPEC:BP(㌦/b)41.4941.3241.4041.2241.93
ナフサ (㌦/㌧)393394402
C重油(㌦/㌧)253.76250.82247.88246.53253.82
TTS(円/㌦)106.14106.45106.56

EIA週間需給統計 (9月23日発表)

  • 米国需給概況(9月18日現在:単位1,000バレル)
    ~20.8.2120.8.2820.9.420.9.1120.9.18増減
    原油生産量10,8009,70010,00010,90010,700-200
    製油所稼働率%82.076.771.875.874.8-1.0
    原油在庫(Excl LS)507,763498,401500,434496,045494,406-1,639
    ガソリン在庫239,174234,859231,905231,524227,499-4,025
    留出油在庫179,195177,520175,845179,306175,942-3,364
    プロパン在庫90,83395,22297,38096,14197,890+1,749
    クッシング在庫52,40352,51354,35154,27754,281+4
    原油輸入量5,9164,9005,4235,0085,168+160
    ガソリン輸入量539577574600474-126
    原油輸出量3,3633,0022,9442,5953,022+427
    ガソリン輸出量620569709506746+240
    留出油輸出量1,0941,2661,0841,2121,128-84
    プロパン輸出量9501,0168049501,039+89
    原油・ 石油ネット輸入166-1,551429-9-793-784
    製品供給(需要)量計19,61916,97918,67817,02718,439+1,412
    • 原油生産量、輸入量、輸出量、製品供給量は一日あたり。
    • プロパン在庫は非燃料プロピレンを含む。
  • 米国石油在庫を対前年同期比でみると、原油117.9%、ガソリン98.8%、留出油131.6%。全米原油在庫は2週連続の減少。オクラホマ・クッシングの在庫は2週ぶりの増加。米国内原油生産量は、リグ稼働数が減少2005年7月以来の低水準、生産量は回復傾向も3月ピークの1,310万b/dからは240万b/dの減少となっている。原油輸入量は増加も低水準、輸出量は減少し300万b/d回復、製油所稼働率は回復も定修で低水準。この結果、原油在庫は減少し2週連続の5億バレル割れとなった。(なお、原油在庫はLease Stock除き)。ガソリン在庫は7週連続の減少。輸入量は減少、輸出量は増加、需要が回復、製油所稼働率が低水準で、在庫減となった。留出油在庫は2週ぶりの減少。輸出は減少したが、需要が大幅増加となった。プロパン在庫は、2週ぶりの増加。輸出は増加したが需要が減少、在庫水準は前年同期比では102.6%と2週ぶりに前年を上回った。ガソリンの需要(供給量)は前週比37千バレル増の日量852万バレル、直近4週間の供給量は854万バレル/日で前年同期比9.0%の減少。留出油は360万バレル/日で前年比8.2%の減少。ジェット燃料は45.8%の減少。なお、原油・石油製品のネット輸出入は793千バレルのネット輸出(前週比784千バレル輸入減)、ネット輸出は2週連続。
  • 18日モンベルビュープロパンスポット価格:265.2㌦/㌧(前週比+17.7㌦、
    前年同期比+24.0㌦)

LPガスマーケット

  • CP先物指標(8月24日~8月28日)
    CP先物9月限10月限11月限
    375380380
    365375380
  •  先週(8月24日~7月28日)は、原油市況が堅調に推移する中、LPガス市場は、CP発表を控え様子見、需要が弱いプロパンと比べブタンは強含んだ。
     CP先物は堅調、9月限は前週比プロパン5㌦、ブタン10㌦上げ、10月限はプロパン10㌦、ブタン10㌦上げ、11月限はプロパン10㌦、ブタン15㌦ともに上昇。
     極東CFR市況は、需給緩和感で弱含み。9月極東着プロパン370~365㌦、ブタン360~355㌦どころ。
     NWE(北西ヨーロッパ)CIFは、プロパンが軟化しブタンは上昇。気温上昇で需要は低調、ガソリンブレンド需要回復でブタンは急反発。プロパン前週比5㌦下げの325㌦、ブタン40㌦上げの345㌦どころ。
     米国市場をみると、プロパンは輸出は堅調ながら需要が低調、在庫は増加が続く。ハリケーン[ローラ」の影響が懸念されたが、プロパン市況は横ばい。米モントベルビュースポット価格(FOB)は、プロパン270㌦、ブタンは260㌦どころ。
  • フレート市況は、船舶需給に緩和感、57.8㌦から56㌦に軟化。
  • ナフサは原油に連れ堅調、405~418㌦で推移。
  • バンカーオイルは、原油市況に追随上げ、IFO380は292~297㌦、LSMGOは378~385㌦で推移。
  • 8月LPガスFOB公示価格
    8月FOBサウジCPANSIソナトラック
    365(+5)274.5(+22.5)285(+25)
    345(+5)285.5(-22)310(-30)
    • 単位:㌦/㌧ ( )内は前月比

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional