CP・CIF・TTSなどLPガス・エネルギー関連情報は「エネルギー情報ネットワーク」に

ウィークリーマーケット

ウィークリーマーケット

NYMEX市況推移

  • 期近先物市況(3月1日~3月5日)
    1日2日3日4日5日
    WTI(㌦/bl)60.6459.7561.2863.8366.09
    天然ガス(㌦/mmbtu)2.7772.8392.8162.7462.701
    改質ガソリン (㌣/gl)194.29193.64195.18199.79206.47
    ヒーティングオイル(㌣/gl)181.92180.81183.57189.60194.40
  • 1日WTI続落、期近4月限、終値は前日比0.86㌦下落の60.64㌦。OPECプラスの4日会合を控え、4月以降の減産幅縮小、増産見込みが重しとなり、一時59.96㌦まで下げた。世界的な需給タイト感が出るなか、増産幅については不透明で警戒心が高まっている。
  • 2日WTI3営業日続落、期近4月限、終値は前日比0.89㌦下落の59.75㌦、終値としては先月19日以来の60㌦割れ。OPECプラスの4日会合を控え、4月以降の減産幅縮小、増産見込みが重しとなり、一時59.96㌦まで下げた。世界的な需給タイト感が出るなか、増産幅についての不透明感が売り材料。米長期金利上昇一服が下支え。
  • 3日WTI4営業日ぶり急反発、期近4月限、終値は前日比1.53㌦上昇の61.28㌦。OPECプラスの4日会合を控え、閣僚監視委員会(JMMC)は生産量調整に関する勧告を行わず、4月の協調減産維持を検討していると伝えられた。EIAの週間統計で、大寒波の影響を受け米製油所稼働率が56%と1990年統計から最低を記録、原油生産量、輸入量の増加もあり原油在庫は2,100万b超の大幅増、ガソリン、留出油など製品在庫は急減した。プロパンは、輸出が減少2020年7月以来の低水準となったが、寒波で需要が増加、供給が減少し在庫の減少が止まらず、前年同期比63.9%、2018年5月以来の低水準在庫となった。
  • 4日WTI大幅続騰、期近4月限、終値は前日比2.55㌦上昇の63.83㌦、2019年4月以来の高値。OPECプラスは4月の協調減産幅維持で合意した。当初150万b/d規模の増産が協議されたが、サウジが強く慎重論を主張、同国は4月も自主減産100万b/dを継続することとし、国内需要を満たすため例外的にロシア13万b/d、カザフスタン2万b/dの増産を認め、OPECプラスの4月生産量据え置きを決定した。これを受け、新型コロナワクチン接種で経済正常化、需要回復期待がたかまるなか、需給改善からタイト化への懸念で原油市況は全面高となった。
  • 5日WTI3営業日大幅続騰、期近4月限、終値は前日比2.26㌦上昇の66.09㌦、2019年4月以来の高値。OPECプラスは4月の協調減産幅維持で合意、サウジの自主減産100万b/dも継続することになり、世界的な過剰在庫の取り崩しペースが上がるとみられている。2月の米雇用統計が予想を上回ったことも買い材料となった。
  • ベーカーヒューズ社が5日発表した米リグ稼働数は403基(石油・ガス計)、前週比1基増、前年同期比390基減。石油リグ310基(前週比+1基、前年同期比-372基=54.5%減少)、2週連続の増加、昨年5月2日以来水準。ガスリグ92(同±0基、同-17基)
  • CFTCが5日に発表したWTI大口投機買い越し残高は3月2日時点で519,019枚(前週比+7,179枚)、2週ぶりの増加。買い建玉688,229枚(同+5,348枚)、売り建玉169,210枚(同-1,831枚)、買建玉は2週ぶりの増加、売り建玉は2週連続の減少。総取組高は2,492千枚、前週比32千枚増加、2018月以来の高水準続く。金融市場はリにスク志向と警戒感が交錯。

その他の市況

1日2日3日4日5日
TOCOM(㌦/b)63.4661.0860.9162.6065.65
ドバイ(㌦/b)62.1862.1762.0865.8167.71
オマーン(㌦/b)64.2361.4561.3663.0466.41
ブレント(㌦/b)63.6962.7064.0766.7469.36
OPEC:BP(㌦/b)64.2461.9762.1564.26
ナフサ (㌦/㌧)598584578590616
C重油(㌦/㌧)383.34367.86366.56374.29
TTS(円/㌦)107.49107.87107.78107.99108.90

EIA週間需給統計 (3月3日発表)

  • 米国需給概況(2月26日現在:単位1,000バレル)
    ~21.1.2921.2.521.2.1221.2.1921.2.26増減
    原油生産量10,90011,00010,8009,70010,000+300
    製油所稼働率%82.383.083.168.656.0-12.6
    原油在庫(Excl LS)475,659469,014461,757463,042484,605+21,563
    ガソリン在庫252,153256,412257,084257,096243,472-13,624
    留出油在庫162,838161,106157,684152,715142,996-9,719
    プロパン在庫56,05351,54548,64943,49141,246-2,245
    クッシング在庫48,70248,04445,01647,82348,308+485
    原油輸入量6,5075,8575,8984,5996,292+1,693
    ガソリン輸入量568657670531605+74
    原油輸出量3,4832,6173,8622,3142,351+37
    ガソリン輸出量780737576517493-24
    留出油輸出量943956971701820+119
    プロパン輸出量1,2951,0981,0501,326752-574
    製品供給(需要)量計18,52820,18320,66818,68818,759+71
    • 原油生産量、輸入量、輸出量、製品供給量は一日あたり。
    • プロパン在庫は非燃料プロピレンを含む。
  • 米国石油在庫を対前年同期比でみると、原油109.1%、ガソリン96.6%、留出油106.3%。全米原油在庫は激増、2週連続の増加。オクラホマ・クッシングの在庫は2週連続の増加。テキサスを襲った記録的な寒波の影響で大停電が発生、製油所が閉鎖するなどエネルギー危機を引き起こした。米国内原油生産量は1,000万b/dを回復(2019年3月ピークの1,310万b/dからは310万b/dの減少)、石油リグ稼働数は4基増の309基と昨年5月の水準となっている。生産が回復する中、原油輸入量が大幅増加、輸出量は微増にとどまり、製油所稼働率がEIA統計開始1990年から過去最低を記録したため、原油在庫は記録的増加幅となった。(なお、原油在庫はLease Stock除き)。ガソリン在庫は1990年以来の激減、6週ぶりの減少。輸入量は微増、輸出量は減少したが、需要が回復し800万b/dを上回り、製油所稼働率の減少で供給が滞った。留出油在庫も急減、6週連続の減少。輸出増も低水準、需要は減少したが、供給停滞が響いた。プロパン在庫は、18週連続の減少。輸出は急減したが、需要が寒波で大幅増、在庫水準は前年同期比では63.9%と13週連続で前年を下回り5年平均レンジの底に張り付いている。ガソリンの需要(供給量)は前週比941千バレル増の日量815万バレル、直近4週間の供給量は791万バレル/日で前年同期比11.8%の減少。留出油は412万バレル/日で前年比5.8%の増加。ジェット燃料は24.2%の減少。なお、原油・石油製品のネット輸出入は2,298千バレルのネット輸入(前週比2,693千バレル輸入増)、ネット輸入は3週ぶり。
  • 26日モンベルビュープロパンスポット価格:492.9㌦/㌧(前週比-6.2㌦、
    前年同期比+287.1㌦)

LPガスマーケット

  • CP先物指標(1月25日~1月29日)
    CP先物3月限4月限5月限
    535495460
    535495460
  •  先週(1月25日~1月29日)は、原油市況が堅調に推移する中、LPガス市場は、フレートが軟化、パナマ運河渋滞で遅延の米国玉到着見込みで需給に緩和感、CFR市況は続落した。
     CP先物は上昇、2月限はプロパン横這いの595㌦、3月限プロパン10㌦下げ、ブタン横這い、4月限はプロパン10㌦下げ、ブタンそ40㌦下げとなった。
     極東CFR市況は軟化、パナマ運河の渋滞で遅延していたカーゴが2月到着見込みで需給に緩和感、2月極東着プロパンは前週比10㌦下げの545㌦、ブタンは同5㌦上げの525㌦どころ。
     NWE(北西ヨーロッパ)CIFは、プロパンはマイルドな気候で振るわず、前週比プロパン横這いの490㌦、ブタンは石化需要増で同60上げの510㌦どころ。
     米国市場をみると、輸出、需要がともに堅調、プロパン在庫は減少が続き在庫水準は前年同期比72%まで低下、過去5年平均のボトム。米モントベルビュースポット価格(FOB)は、前週比プロパン45㌦上げの481㌦、ブタンは同35㌦上昇の420㌦どころ。
  • フレート市況は、船舶需給緩和し軟化、56㌦台。
  • ナフサは原油に連れ堅調、509~518㌦で推移。
  • バンカーオイルは、原油市況に追随、IFO380は347~353㌦、LSMGOは463~468㌦で推移。
  • 2月LPガスFOB公示価格
    2月FOBサウジCPANSIソナトラック
    605465.5495
    585457.5510
    • 単位:㌦/㌧ 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional